トップへ

審査が甘い消費者金融会社一覧

貴方にとって一番条件の良い金融会社が見つかるはずです。

審査が甘く尚且つ低金利な消費者金融がベストですが、今現在借りれる範囲の中で最良の金融会社を選択しましょう。

審査が甘いと一口に言っても、借入状況によって様々ですが、比較的借り入れ件数が少ない方(借入件数3件以内)は、大手カードローン、それ以上の借り入れ件数のある方は中堅クラスの消費者金融で借入することを進言します。

中堅中小の消費者金融は大手銀行系カードローンと比較すると、金利や利便性といったメリットは大手に劣るものの、借入審査が甘く、大手で借りれない人でも借りれる柔軟さがあります。

中堅消費者金融のメリットは以下の通りです。

  • 0大手消費者金融(アコム、プロミス、モビット、他)と比べると各段に審査が甘い
  • 0金利も低いところは年利15.0%で借りれる
  • 0極甘審査ファイナンスと比べると信用力も高い

但し、中堅消費者金融業者はあくまでも貸金業登録をした正規の業者ですので
超多重債務者やブラックリスト対象者は借り入れ不能です。

現在の借入状況を照らし合わせた融資先

現在自分がどの消費者金融で借りれるのか、なかなか把握するのは難しいと思います。そういった時、分かりやすいのは現在の借入件数で判断する方法です。通常、大手消費者金融は借入件数が3件以上あるような場合、それ以上の融資を回避する傾向にありますので、そういった場合はランクを落として中堅消費者金融を選択することで審査に通る確率も高くなってきます。

借入状況を照らし合わせた融資先

上記の借入状況から判断すると、必然的にご自身の借入先が分かると思います。

大手消費者金融では毎年決算書を公表しており、その中で年度の「申し込み者数」と「融資をした人数」が公開されています。その数値を割ったものを「制約率」として発表している人がいますが、そんな数値を鵜呑みにしてはいけません。大手の消費者金融の成約率が40%を超えるわけがありません。

多重債務者の方

他社からの借入件数が4件以上になれば、一般的に多重債務者として扱われてしまいます。特にお金を貸す側である金融業者側からしてみれば、自己破産をする可能性がある要注意人物とみられてしまいますので、新規の借入に際して審査がより厳しくなることは必定です。

但し、2010年の貸金業法改正以降、年間所得の三分の一を超える融資に規制がかかることから、多重債務者への融資は事実上できなくなったと考えてよいと思います。実際、2007年度以降多重債務者の数は年々減少していることは、統計の数値で現れています。

多重債務者の推移

では、多重債務者の方はこれ以上の借り入れが100%不可能なのかと言えば、決してそうではなく、総量規制対象外のローンという手段もあります。これは、主に多重債務者の方を対象とするもので、現在ある債務を一本にまとめるための借り換えローンなので、生活を改善するために必要な借り入れということで規制の対象外となります。→おまとめローン

0審査に通るための必要な項目
0査に通らない理由
1 現在の借金総額(年収の三分の一以下)
1位 信用情報センターのブラックリストに載っている
2 過去五年以内に自己破産をしていない
2位 他社からの借入件数が四件以上
3 毎月決まった収入がある定職に就いている
3位 総量規制の対象になっている
4 他社からの借り入れ件数
4位 無職
5 勤続年数(多いほど信用も増します)
5位 専業主婦(夫の承諾書を提出すれば可能)

上記の項目の内、絶対審査に通らないのは「無職」と「ブラックリスト」です。消費者金融の審査で最も重要視されるのが支払い能力です。その支払い能力がゼロなのが無職なので、審査に通る可能性もゼロということです。こればかりはどんなに審査が甘い消費者金融といえども100%融資は不可なので、まずは在籍確認がとれる職に就いてから考えましょう。

そして、もう一つは信用情報機構のブラック情報(事故情報)に登録されている場合です。これは過去に自己破産や支払いを滞納した場合に登録されるもので、これに登録されている場合も100%審査には通りません。登録期間が自己破産で5年、滞納で1年とされていますので、解除されるまで待つしか方法はありません。

借入先を選ぶにあたって

ネット上には無数の人気ランキングサイトがあるものの、その殆どが信頼性に欠けていると言わざるを得ません。個人が運営するサイトにおいて、何を根拠としてランキング表示しているのか疑問がつくからです。

おそらく、個人の独断と偏見、あるいは自分の金儲けを目的としてランキング付けをしていると想像しますが、そういったものを他人に「これがランキングです」とするのは、無責任極まりない行為です。

借入先を選ぶ上で、こういったランキングサイトから探すよりも、金利等の項目を比較した比較サイトのほうが確実です。他人に頼らず、自分の目で選ぶことが肝要です。一番金利が低くて借りやすい融資先を探しましょう。

0借入状況から選ぶ融資先一覧
消費者金融一覧境界線

何よりも他社からの借入が多くなってくると、毎月の支払いだけで大変な負担になってしまいます。大手銀行系の消費者金融であれば、銀行やコンビニのATMを利用することもできますが、中堅以下のローン会社ではよくて銀行振り込みでマチキンになれば窓口まで出向いて支払いをすることになります。

それを複数の金融会社に行うのですから、大変な負担であることは容易に想像できます。