審査甘い金融

審査の甘い消費者金融と金融会社のキャッシング情報

0最終更新日 2017/10/15

審査に通るために必要なことと、審査に通らない理由

0審査に通るための必要な項目
0審査に通らない理由
1 現在の借金総額(年収の三分の一以下)
1位 信用情報センターのブラックリストに載っている
2 過去五年以内に自己破産をしていない
2位 他社からの借入件数が四件以上
3 毎月決まった収入がある定職に就いている
3位 総量規制の対象になっている
4 他社からの借り入れ件数
4位 無職
5 勤続年数(多いほど信用も増します)
5位 専業主婦

審査が不安な方は審査基準が甘い金融会社でのキャッシングをおススメします。他社からの借入件数が3件以内であれば、大手の消費者金融で借りれると思いますが、それ以上の借入件数がある方は、中小の金融会社で審査を受ける他はありません。

0嘘偽りのない借り入れ先をご提案
消費者金融一覧

0

中小の消費者金融は大手銀行系と比べて審査が甘いのが特徴で、一番甘いキャッシングローンですと借入件数が7件以上でも融資は可能です。但し、ブラックはや無職は不可能です。

 

総量規制対象外で最も人気のキャッシングは、銀行ローンや債務を一本化するおまとめローンです。銀行系は審査が厳しいので、多重債務者は 審査に通らないでしょう。

 

多重債務者は審査の甘い消費者金融か、激甘審査ファイナンスを利用するしか融資の方法はありません。専業主婦も総量規制対象外になりませんので、通常の金融会社では審査に通らないでしょう。

0

0専業主婦でも融資が可能なキャッシングローンで借りることは 可能ですが、夫に承諾書を記入してもらえば通常通りお金を借りることは可能です。現在の借入件数が7件以上の多重債務者などは、審査激甘 サラ金業者一覧表から自分に合った金融会社を選んで下さい。

審査の基準もいろいろありますので、金利や支払い方法などを比較して選択することがポイントです。少しでも利息が低いほうが、後々支払いが楽になります。

大手や準大手のサラリーマン金融では、銀行やコンビニのatmが 使用できますが、中小や審査甘い金融会社は利用出来ません。借入や支払いは、銀行振り込みか直接店舗窓口へ出向いて手続きをする必要があります。

0

審査の甘い消費者金融は多重債務者でも融資が可能ですが、中には闇金融のような悪徳業者も紛れ込んでいたりしますので、十分注意をして下さい。借りる前には、金融掲示板の口コミ情報を参考にすることをお奨めします。

 

口コミで人気の高い金融会社は信用も高いので大丈夫かと思います。ランキングno1のキャッシング会社なども、無利息ローンや不動産担保ローンなどの金融サービスが豊富なのでおススメです。

0

審査に自信のある方は ランキングNO1の中小消費者金融で借入することを進言します。審査に自信のない方は、少しランクを落として審査基準のゆるい街金か、サラ金などで 審査を受けるしか手立てはないでしょう。

 

あくまでも自己破産しないよう、借りすぎには注意が必要です。自己破産をしてしまうと信用情報機関のブラックリストに載ってしまうので、毎月の支払いはきちんと履行するように気を付けたいものです。

 0

もしも信用情報センターの事故情報リスト(ブラックリスト)に掲載されてしまったら、最低五年間は抹消されませんので、その期間はどの金融業者からも借り入れは出来ません。

他社からの借入件数が4件以上になれば、一般的に多重債務者として扱われてしまいます。特にお金を貸す側である金融業者側からしてみれば、自己破産をする可能性がある要注意人物とみられてしまいますので、新規の借入に際して審査がより厳しくなることは必定です。

何よりも他社からの借入が多くなってくると、毎月の支払いだけで大変な負担になってしまいます。大手銀行系の消費者金融であれば、銀行やコンビニのATMを利用することもできますが、中堅以下のローン会社ではよくて銀行振り込みでマチキンになれば窓口まで出向いて支払いをすることになります。

それを複数の金融会社に行うのですから、大変な負担であることは容易に想像できます。

なぜ多重債務になってしまうのでしょうか?その理由で一倍多いのが、借りた債務の支払いをするお金が足りなくて、新たに借入をするというパターンです。これは自転車操業と呼ばれる行動ですが、これを繰り返していると段々と借入件数が増えてくることになります。

こういった行為は、今の現状を維持させるためだけの手段であって、何ら解決策になっていないのが現実です。それどころから、ますます現状を悪化させていることに気付くべきでしょう。

自転車操業をするくらいなら、諦めて債務整理をするか、それとも一念発起して債務の完済を目指すか。二者択一しか残された道はないのです。

人気ランキング

金融業者の人気ランキングサイトで借り入れ先を選ぶ行為ですが、残念ながら大多数のランキングサイトは信頼性に欠けていると言わざるを得ません。個人が運営するサイトにおいて、何を根拠としてランキング表示しているのか疑問がつくからです。

おそらく、個人の独断と偏見においてランキング付けをしていると思いますが、そういったものを他人に「これがランキングです」とするのは、いささか説得力に欠けていると思います。

借入先を選ぶ上で、こういったランキングサイトから探すよりも、金利等の項目を比較した比較サイトのほうが確実です。他人に頼らず、自分の目で選ぶことが肝要です。一番金利が低くて借りやすい融資先を探しましょう。

2017年7月2日
当サイトの本文内容を新規追加しました。
2017年5月2日
審査甘い消費者金融口コミランキングを更新しました。
2016年12月15日
キャッシングで損をしないための上手な借り方テクニックを追加しました。

当サイトのご利用について