広告

総量規制の対象となったのは

総量規制とは、2010年6月に施行された貸金業法改正によるもので、融資の総量を規制することから
\総量規制と呼称されることとなりました。

正確には、借入総額が年収の三分の一を超えてはならない、と規定されるもので、借金を増やしている多
重債務者を抑制するのがこの法案の趣旨でした。

この総量規制の対象となったのは以下の金融業
者でした。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

利用者からしてみれば、突如として利用制限がかけられたことにより、金策に窮した人も少なくなかった
と聞きます。そういった方は、もはやこれ以上の借入が事実上不可能となったことから、二つの選択を迫ら
れることとなりました。

一つは債務整理で、支払いが不能になった以上、議論の余地はないと思います。もう一つの選択は、総量
規制の対象外となっているローンを利用することです。

以下はその対象外となったローンです。

  1. 銀行ローン
  2. 住宅ローン
  3. 自動車ローン
  4. クレジットカードのショッピング
  5. 貸金業登録をしていない違法業者

銀行ローンなどは低金利で魅力的な金融商品ですが、総量規制の対象となっている多重債務者への融資は
非現実的としかいいようがありません。他のローンにしても、金策を考えるのには適していないでしょう。

と、なると残されるのは5番目の貸金業登録をしていない違法業者になりますが、そもそもが違法業者で
すので総量規制にも影響を受けないのは当然のことで、多重債務者を専門に取り扱っている業者が多いことか
ら、おそらく融資も受けれることでしょう。

しかし、非合法な業者は当然のごとく上限金利も関係ないので、高金利を要求してきますし、何よりも支払
えなくなった際には過酷な取り立てを受けることになります。現実的に考えれば、こういった選択は回避された
ほうがいいでしょう。